代表・荻野よりメッセージ

平素よりお世話になっております。
学生心理学勉強会・代表の荻野舞と申します。
気候の変化の大きい日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、この度、学生心理学勉強会は発足して3年が経ちました。
6月より新年度となります。今まで支えてくださった講師の皆さま、会員さまの皆さまに心よりお礼を申し上げます。

現在、メインの運営メンバーは、直井、小林、下奥、荻野の4名で行っております。
代表の私から見て(身内贔屓になってしまいますが)、プライベートや仕事、勉学の合間に一生懸命働いてくれているメンバーです。

また、常に「どうしたら会員さまにとって最善の学びの場となるか」「どうすれば、勉強会を良いものにできるか」「講師の方への感謝を、どのように伝えられるか」などを考え続けているメンバーでもあります。

現在、会費をいただいておりますが、全額、講師料や勉強会の運営に回し、運営メンバー(ボランティアスタッフ)に金銭が渡ることは一切ございません。


ここからは、メンバー3名には相談せずに、荻野の独断でお話しさせていただきます。


「多くの心理職を目指す学生さんたちに、正確な精神疾患・障害の知識をつけていただきたい」

「心理職として社会に出る前に、実際に臨床の経験を積んでいただきたい」

「臨床心理士・公認心理師として資格を取る前に、自分自身と向き合い、悩み、考える機会を持っていただきたい」

「自分の興味のある領域だけでなく、幅広い学びをしていただきたい」

「同じ志を持つ仲間を見つけていただきたい」

「現役の心理職や医療従事者、対人援助職の先輩方のリアルな声を聞いてほしい」

さまざまな想いを持って、運営を率いてきました。


いま、私は悩んでいます。

私たちの活動が、本当に誰かにとって良いものとなっているか。

私は代表として、大切な3人のスタッフに多くの仕事を(無償で)任せすぎていないか。

私たちはチームとしてやっていけるのか?

3人のスタッフと、同じ方向を向いて進めるだろうか…。(それぞれ、お仕事やプライベート、大切にする人やものは違うので、完全に同じ方向を向いて進むことは不可能ですが…)

日々大きくなっていく学生心理学勉強会で、学生スタッフ4名だけで運営していけるだろうか。

不安は尽きません。

また、本心を申し上げると、全責任を一人で負っていく「代表」という立場の孤独に、今後耐えていけるかという不安もございます。自分自身の心と身体が、自分自身の想いについてこれるのか、自信を持てないでいます。(未熟者で申し訳ございません)

現時点で、スタッフと多くを話し合い、6月からの学生心理学勉強会の新しいシステムなどは、ほぼ決定しております。
すでに、数名の講師の方に講義もお願いしております。

しかし、少しの時間、荻野に考え、悩む時間をいただけないでしょうか?

会員さま、入会を考えている方、講師の先生方、そして大切な運営スタッフ3名にとって、皆が無理をせずに、安心して学べ、笑顔で過ごせる安全な場を提供できるよう、少し時間をかけて考えさせていただけないでしょうか。

最後に、お願いがございます。

運営スタッフ3名は、先に申し上げた通り、完全にボランティアで誠実に真摯に勉強会運営に携わってくれています。勉強会運営は、決して楽なことでも、楽しいことばかりでもございません。

しかし、私たちの仲間となり、運営を一緒にお手伝いしてくれる方がいらっしゃいましたら、どうかお声をかけていただけると幸いです。

また、学生だけでは出来ることに限界がございます。

心理職の先生方、医療従事者の先生方、対人援助職の先生方、どうか、学生心理学勉強会の「顧問」「サポーター」として、お力をお借りできないでしょうか。

具体的には…
・学生だけで解決できない時に、助言をいただく。
・勉強会が正しい方向に向かえているか見守っていただく。
・運営チームメンバーの心を守っていただく(定期的にチームミーティングを行なっているので、そこでメンバーへの助言等をお願いしたいです)

どうか、これから心理職として社会に出ていく私たちを導いていただけないでしょうか。
勉強会が、正し方向に進めるように、運営メンバーたちをサポートしていただけないでしょうか。

どうか、少しでもご検討いただければ幸いです。
お力をお貸しください。お願いいたします。

学生心理学勉強会メール:team.toiawase@gmail.com

とりとめのない長文となり、申し訳ございません。
最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。

どうか、少しの時間を荻野にいただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


2024年5月19日 学生心理学勉強会代表・荻野舞





  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次